第1回東南アジアビール総選挙

 

東南アジアを旅する人が必ず一度は口にするもの…

それはビール。

ラオスの代表ビール・ビアラオの他にも、タイのシンハービール、シンガポールのタイガービール、カンボジアのアンコールビールなど、国を連想させる名前のビールが毎晩のように旅行者たちを歓迎しています。

それぞれ個性的なビールなのですが、東南アジアのビールについて、どんな味がするのか、他の国と比べるとどうなのか…そんな情報ってあまり見かけませんよね?

そこで、関大MeRise倶楽部さんとのコラボイベントとして、20代から60代までの幅広〜い年齢層の男女約20人(男女比 3:2)に集まっていただき、東南アジアビールの飲み比べイベント、その名も「第一回東南アジアビール総選挙」を開催しました。(2018年6月13日)

立候補メンバー

エントリービールを決めるにあたり、各国のネイティブの方に「国で1番有名なビールといったらどれか」を確認しました。そして、その中から日本でも入手可能な7カ国8種類のビールを用意しました。

シンハービール(タイ)
ビアラオ(ラオス)
ビアラオ・ダーク(ラオス)
アンコール(カンボジア)
333(ベトナム)
ミャンマービール(ミャンマー)
タイガービール(シンガポール)
ビンタンビール(インドネシア)

普段こんなにたくさんの種類のビールを揃えることはなかったので、一堂に並べてみると圧巻の一言です!まるでお店!

レッツテイスティング!

班ごとに分かれ、思ったことを話したり、
メモをしながらテイスティングしていきます。
時々水で口直しをし、少量ずつカップに分けながら。
色々な意見が飛び交います。

ビールは飲み尽くしてきたベテラン社会人の方から。
普段はあまりビールは飲まない方。
東南アジア旅行とアジアビールが大好きで来てくれた方。

テイスティングタイムは約1時間にも及びました。

審査方法

それぞれ美味しかったビールの1〜3位を選んでいただきます。
1位のビールは3ポイント、2位のビールは2ポイント、3位の1ポイントとして集計し、順位をつけました。

結果発表

それでは結果発表です。
第8位から見ていきましょう。

第8位

タイガービール(シンガポール)

濃い クセがある 好きな人は好きなイメージ(40代男性)
クセが有るが美味しい。(30代男性)
ハーバルな香り。独特な苦味が(30代女性)
麦の感じが特徴的(40代女性)

日本では比較的普及している東南アジアビール。他のアジアビールに比べるとやや苦みや麦感が強かった印象でした。『日本のビールと似ている故の何か物足りなさ』を感じた人が多い様子でした。

第7位

ミャンマービール(ミャンマー)

あっさりしてる ノンアルっぽく飲める(40代男性)
口当たりが初めから甘やか(30代女性)
薄くて飲みやすい、ビンタンより香りはある(40代男性)
軽め爽やか苦味なし(20代男性)

日本では手に入れにくい東南アジアビールのひとつ。このイベントを開くにあたり最も入手に苦労しました。味や香りが薄いという声が多い印象でした。今回は缶しか手に入らなかったので、次回は瓶で比較したいです。

第6位

シンハービール(タイ)

あっさりしてるようで、後味はしっかり(40代男性)
スパイシーでバランス良い(30代女性)
最強の安定感。日本でいうと一番搾り。大好きです。(30代女性)
日本のビールっぽい(30代男性)

日本では比較的普及している東南アジアビール。タイ料理屋だけでなくスーパーなどでも見かけることがあります。
タイガーより少し薄めでどこか日本のビールに近いですが、風味からアジアらしさも感じられたようです。

第5位

ビンタン(インドネシア)

後味が洋梨みたいでフルーティ。(30代女性)
東南アジアンでピルスナーは、スッキリうまい。(60代男性)
キリンラガーを薄くしたイメージ クセは少ない(40代男性)
苦味がちゃんとある!(20代男性)

シンハーやタイガーほどではないですが、比較的手に入れやすい東南アジアビールです。フルーティでクセがなくお上品な印象だったようです。

第4位

333(ベトナム)

あっさりしてるけど、後味しっかりしてる(40代男性)
複雑な香りで完成度高い。フルーティでバランスが良い。(30代女性)
ちょっと苦い。日本でいうとスーパードライ。(30代女性)
後味が酸味あり!重い!(20代男性)

333でバーバーバーと読みます。実は3はベトナムでは縁起の悪い数字なのですが、3をみっつ合わせた9が縁起がよいのでOKらしい。シンハーやタイガーと並んで日本に流通しているビール。あっさりの中でやや辛口、ドライな印象。比較的男性から人気でした。

第3位

ビアラオ・ラガー(ラオス)

味がしっかりしてる。 バランスがいい。(20代男性)
クセがなく飲みやすい(30代女性)
最初は苦味があるが、後味はさっぱり(40代男性)
軽いが旨みあり。(60代男性)

日本では殆ど見かけないレアなビール。クセが少ないが香りがあるので物足りないわけでもなく、バランスが良いという声が多かったです。他の瓶が細長いのい比べビアラオは丸っこいので、外観がかわいいという声も。

次に、第2位の発表ですが、

なんと2つのビールが同着1位でした。

 

同着第1位

アンコール(カンボジア)

フルーティで美味しい(40代男性)
パイナップルみたいな甘い香り。華やか。(30代女性)
班の中で特に女性受けしてた(30代男性)
キリッとしてる、香りが甘い(30代男性)

こちらはミャンマーやビアラオほどではありませんが、日本では比較的入手しにくいビールでした。投票では圧倒的女性に人気でした。香りがダントツでフルーティですね。

同着第1位

ビアラオ・ダーク

黒ビールの旨味があるのに飲みやすい!(30代男性)
煎りすぎてなくてスッキリな黒。(20代男性)
ダークなのにアイスコーヒーみたいでコクもありおいしい(30代女性)
アイスコーヒーみたいで美味しかった(30代女性)

ビアラオですら珍しいのにその黒ビール版、極めてマニアックなビールです。が、フルーティなアンコールと並んで人気でした。黒ビールなのに飲みやすい。飲みやすいのにコクがあるという声が多かったです。アイスコーヒーを思わせるというコメントも興味深かったですね。

1位に選ばれたビールの割合

投票のばらけ方としては、参加者が2・3位に選んだビールは割とばらけた印象でしたが、1位のビールについては、ビアラオとアンコールに集中した結果となりました。ライトかつ風味が強いビールが人気となったようです。

(参加者がそれぞれ1位に選んだビールの割合)

総評

今回のイベントでは7カ国8種類のビールで総選挙を行い、見事優勝に輝いたのはカンボジア代表のアンコールとラオス代表のビアラオ・ダークでした!

もちろん味は個人の主観に基づくものなので、この結果が絶対的なものではありません。また、アンコール、シンハー、タイガーなどは輸出量も多いため輸出専用の製造ラインになっており、現地の味と多少異なってくる部分もあるのかもしれません。

また、男女でも好みは分かれており、男性からの人気が高かったのはビアラオ・ダークのほか、333やシンハーなど比較的味が濃くキレや苦みの強いビールでした。一方、女性からはアンコールとビアラオが特に人気でした。人気の理由は香りと飲みやすさだそうで、「日本の居酒屋でももっとこういうビールが増えればいいのに」という声も上がりました。


(おまけ:東南アジアと日本の1人あたりのビール消費量)

個人的にはラオスのコンサルタントをしていることもあり、「ビアラオ推し」ではありますが、実際に自分でも飲み比べてみてアンコールビールも非常に美味しかったので、次回ラオスに渡る際はカンボジアにも足を伸ばそうと思いました(笑)

勝ち負けはさることながら、こうして色々なビールを飲み比べるという貴重な体験ができたことが何よりだったと思います。そして、今回のイベントでは紹介(入手)できなかった東南アジアのビールもまだまだあるので、またエントリービールを増やしつつ、第二回東南アジアビール総選挙をどこかで行いたいと思っています。

最後に

今回イベントを開催するにあたってお世話になった、東南アジアビールを購入することができる通販サイトをまとめておきます。

僕らが運営しているLAOSTOREでビアラオが買えるのはもちろん、楽天など色々なところで購入することができるので、ぜひテイスティングしてみてください。(下記のサイトは一例で、他のサイトでも購入可能です。)

国名 ビール名 通販サイト
ラオス ビアラオ LAOSTORE
タイ シンハービール カクヤス
カンボジア アンコールビール 楽天
ベトナム 333 カクヤス
ミャンマー ミャンマービール 楽天
シンガポール タイガービール カクヤス
インドネシア ビンタンビール カクヤス

 

本イベントについて、別の場所での開催リクエストも受け付けますので、気になる方はお問い合わせよりご連絡ください!

 

PAGE TOP