「実際に販売してみる」ということ

仮説や理念を基づいた試算を行うと、人は無意識的にも反証する情報を無視してしまう傾向にあります。ことを「確証バイアス」と呼びます。テストマーケティングでは、市場のリアルな声を聞き客観的に受け止めることで確証バイアスから来るリスクを逓減し、確度の高い事業計画に結びつけることができます。

ラオス店頭でのテスト販売

海外展開を行う際に最も重要となることは「現地の声を聴く」ことです。日本製品がいくら素晴らしいとしても、そのままのカタチで受け入れられることは多くありません。テストマーケティングを行い、現地の生の声を聞き、ローカライズすることが、海外展開するときの基本となります。近年、東南アジアの市場を開拓していきたいという企業が増えてきました。ラオスとて例外ではありません。私たちは、ラオスの首都ヴィエンチャンの信頼できるパートナーと提携し、ラオス現地でのテストマーケティング可能な環境を構築しています。

SNSテストマーケティング

ラオスではSNSを用いた個人間売買などが頻繁に行われていますが、弊社ネットワークを活かしこういったSNSショッピングルートからのテスト販売や、マーケティングを行うことも可能です。また、ITを使ったプロモーションにも力を入れている弊社だからこそ可能な、自社ECサイト(ウェブ通販サイト)の構築や、管理といった形でラオスにはまだあまり普及していないネット通販のテストマーケテョングを行うことにも対応しています。

PAGE TOP